「メイン写真」

無量寺ブログロゴ

メニュー

ブログメニュー

仏教講演会


毎年恒例になりました夏の仏教講演会に橿原浄念寺の中川真昭師をお迎えしました。ご講師のお父様でいらっしゃいます中川静村師の詩集『そよ風の中の念仏』より「むこうがわ」の詩を紹介いただきまして、そこから阿弥陀如来のお慈悲やお救いについて、さまざまなたとえを用いながらお取り次ぎをいただきました。

このたびは35名ほどの方々がお参りをくださいました。中には当サイトをご覧になって初めて無量寺へお越しくださる方も複数名いらっしゃいました。たいへんうれしいご縁となりました。

無量寺ではどなたさまでもご参拝いただける法話会を開催しております。次回は9月にぜひご参拝ください。

報恩講・永代経 ご講師天岸浄圓師
9月28日 昼座 14時 夜座 19時
9月29日 昼座 14時

 

詩集『そよ風の中の念仏』より
むこうがわ

わすれ とおしの
こちらを
おぼえ とおしの
むこう

おがんだ おぼえのない
こちらを
おがみ ぬいている
むこう

こちらの
かるい かたのに は
むこうの
なみだの おもいしょうこ

こぼれる ぐちは
こちらのもの
かえられた ねんぶつは
むこうのもの

こちらに
ゆだんが あろうとも
むこうに
ちりほどの ゆだんもない

なにもかも
むこうが しあげて
なにもかも
いただく こちら

やるせないのは
むこうがわ
やせて つらいは
むこうがわ
ただ せつないのは
むこうがわ

たのんで いるのは
むこうがわ
つかんで いるのは
むこうがわ
すてられ ないのは
むこうがわ

やっと しあげて いただいた
となえる だけの おねんぶつ
あわせる だけの この りょうて

はる三月の
ひだまりの
ツクシの ような
こちらがわ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。